『資本論』を読む

『資本論』を読む

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

資本主義市場経済原理を分析した名著を読む経済学のバイブル的書物『資本論』。マルクスは当時の人々の生活を見据え、資本主義経済の仕組みを分析。その厖大で難解な名著のエッセンスを引き出し、解説する。

経済学の最高の古典ともいえる『資本論』は、夥しい人々に読み継がれ、世界を大きく動かしてきた。マルクスは当時の社会の現状と人々の生活を見据え、資本主義経済の原理とその運動を体系的に分析した。本書では、厖大かつ難解な叙述の続くこの名著の講読を長年行ってきた著者が、エッセンスとなる章句を選び出し、懇切な解説を施し、その魅力と豊かな内容を引き出す。

【目次】
序――マルクスの思想と学問
第1巻 資本の生産過程
第2巻 資本の流通過程
第3巻 資本主義的生産の総過程


著者
伊藤誠(いとう・まこと)
1936年東京生まれ。東京大学経済学部卒業。東京大学名誉教授。國學院大學教授。日本学士院会員。専攻は理論経済学。

■著者

【伊藤 誠著】

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 3,014 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ