近世日本国民史 西南の役(一) 萩秋月等の事変篇

近世日本国民史 西南の役(一) 萩秋月等の事変篇

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

征韓論の破裂によって明治政府の基礎は動揺。大久保・木戸と相容れざる西郷と前原は野に在って政治を牽制。天下の不平党皆西郷出でずんは蒼生を如何せんと、随所に天下の変を待つ。前原起つか、西郷起つか。時に肥後・秋月・萩の同盟成り、九年十月二十四日上風連蹶起、次いで秋月起ち、二十八萩も起つ。然るに同盟の藩々遅疑反覆、遂に鎮圧さる。世間これを内乱の前奏曲と視、天下いずれも領を延ばし西郷の早晩蹶起するを期待す。

■著者

【徳富 蘇峰著】

【蟹江 征治装丁】

【志賀 紀子レイアウト・その他】

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 2,112 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ