近世日本国民史 西南の役(二) 神風連の事変篇

近世日本国民史 西南の役(二) 神風連の事変篇

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

幕末の肥後に甚大なる感化をおよぼした横井小楠と林櫻園。共に時習館に学ぶも己の主張により門戸を開く。小楠は天を説き政教一致に及び、攘夷論より一変して開国論に転じ凶刃に倒る。櫻園は神を説き神人一致に及ぶ。櫻園の遺志を継ぐ太田黒伴雄らは神風連を結成、明治九年十月蹶起。が、彼らの死を賭した欧米化への一大抗議も全国的にはほとんど閑却、やがて来らん薩南一隅の黒雲が天を圧しつつあったことがその主な理由だったか。

■著者

【徳富 蘇峰著】

【蟹江 征治装丁】

【志賀 紀子レイアウト・その他】

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 2,002 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ