朝鮮儒教の二千年

朝鮮儒教の二千年

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

東アジア、精神の古層。朝鮮=儒教か?あのとき東方礼儀之国で何が起きていたのか?箕子朝鮮から三国時代、新羅、朝鮮王朝、植民地化に至るまで、二千年にわたる儒教の展開を跡付ける。朝鮮における儒教の二千年にもおよぶ展開を丹念に描き出し、朝鮮近代思想史につなげる論考を展開した記念碑的大著。中国・日本と対比しながら二千年を俯瞰する視角は、朝鮮の独自性と東アジアの普遍性を浮き彫りにする。儒学を経世実用の学とみなした潮流を確認・追跡し、そうした流れを摘み取ってしまった過程として朝鮮王朝期の党争を描き出す記述は、朝鮮のみならず東アジアにとっての〈近代〉を考える出発点となる。【本書の内容】序  章 「儒教」とは何か第 一 章 孔子以前の「箕子朝鮮」第 二 章 三国時代の儒教第 三 章 後期新羅の儒教第 四 章 高麗王朝の「仏教立国」第 五 章 成宗の崇儒政策と崔承老第 六 章 私学十二公徒と国子監第 七 章 文身の退廃と武臣政権第 八 章 朱子学の伝播と排仏論第 九 章 易姓革命――高麗から朝鮮へ第 十 章 「儒教立国」のブレーンたち第十一章 教育と科挙、そして王朝実録第十二章 王朝政治の守成――世宗と世祖第十三章 士林派の形成と士禍第十四章 朱子学一辺倒と性理学論争第十五章 東アジアの動乱と朝鮮第十六章 「崇明排清」の思想第十七章 英祖・正祖時代の実学派第十八章 ウェスタン・インパクトと朝鮮終  章 王朝の斜陽――鎖国から開国へあとがき学術文庫版あとがき人名索引

■著者

【姜 在彦著】

1926年、朝鮮・済州島生まれ。文学博士(京都大学、1981年)。 大阪市立大学講師、花園大学教授を歴任。朝鮮近代史・思想史研究家。 ○著書: 『朝鮮近代史研究』(日本評論社) 『朝鮮の攘夷と開化』(平凡社/『姜在彦著作選』収録) 『朝鮮の開化思想』(岩波書店/『姜在彦著作選』収録) 『近代朝鮮の思想』(未来社/『姜在彦著作選』収録) 『西洋と朝鮮』(朝日新聞出版) 『「在日」からの視座』(新幹社) 『金日成神話の歴史的検証――抗日パルチザンの<虚>と<実>』(明石書店) 『朝鮮近代史 増補新訂版』(平凡社) 『歴史物語 朝鮮半島』(朝日新聞出版) 『姜在彦著作選』1~5巻(明石書店) ○共著: 姜在彦・竹中恵美子(自伝)『歳月は流水の如く』(青丘文化社)。 ○訳書: 申維翰『海游録――朝鮮通信使の日本紀行』(平凡社東洋文庫) 洪錫謨『朝鮮歳時記』(平凡社東洋文庫)

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 3,553 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ