政治のことば――意味の歴史をめぐって

政治のことば――意味の歴史をめぐって

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

マツリゴト、ヲサム、イキホヒ、シロシメス……。権利、権力、自由と統治……。日本人は政治にかんして、なにを、どのようにとらえ、どう意識してきたのか。古代から近代まで、日本語として日常的に使われてきた「政治のことば」の用例を追いかけ、日本政治の深層に潜む意識とその構造を暴き出す。日本語から考えてみる、日本の政治のそもそもの話。隣接分野に大きな影響を与えた先駆的研究、復刊。【本書の内容】はじめに■第1部 古代政治の語彙   1 ヲサム   2 カトル、ウナガス   3 マツリゴトとタテマツリモノ   4 シル、シラス、シロシメス   5 イキホヒと勢・威・徳・権■第二部 国家意識と世界像をめぐって   一 蕃国と小国   二 〈辺土小国〉の日本       1 道元の抵抗      2 普遍への道      3 辺土の凡夫      4 凡夫の救済      5 辺地の往生      6 辺土の神聖化      7 大国と小国      8 神国観の形成      9 本地垂迹■第三部 近世都市意識の言語     都市社会の成立■第四部 近代政治の語彙   一 「権利」「権力」について   二 統 治      1 govern・支配・統治      2 近代語「統治」の成立      3 天皇「統治」の意味      4 日本国憲法と「統治」あとがき文庫版あとがき解説 (保立道久)

■著者

【成沢 光著】

1939年生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。法政大学法学部教授(現名誉教授)、国際基督教大学客員教授を歴任。専攻は政治学、日本政治史、公共政策論(生命政治論)。 ○著書(単著・共著・共編・訳) 『政治のことば――意味の歴史をめぐって』(平凡社、1984年)。 『国家の起源と伝承――古代インド社会史論』(ロミラ・ターパル著;山崎元一・成沢光訳、法政大学出版局、1986年)。 『現代日本の社会秩序――歴史的起源を求めて』(岩波書店1997年、岩波人文書セレクション2001年)。 『法と遺伝学』和田幹彦編著(第一章「日本における遺伝看護とELSI」/法政大学出版局、2005年)。 『生殖補助医療』(神里彩子・成澤光編、信山社、2008年)。

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 2,277 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ