世界の食べもの――食の文化地理

世界の食べもの――食の文化地理

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

美味いゾ!日本、朝鮮、中国、東南アジア諸国、オセアニア、マグレブ……。それぞれの風土や歴史と食生活の関連を探求し、日本の食事文化を位置づけたうえで、米・酒・麺・茶・コーヒーなど食べものから見た世界地図を描き出す。各地を探検し〈食文化〉研究を確立したパイオニアの手による入門書にして冒険の書。舌は世界を駆けめぐる。美味いものに国境なし。※本書の原本『食の文化地理』は、1995年に朝日新聞社より刊行されました。【本書の内容】序章  舌のフィールドワーク【1】 諸民族の食事第1章 朝鮮半島の食第2章 世界における中国の食文化第3章 東南アジアの食事文化     ・フィリピンの食生活      ・シンガポールのニョニャ料理     ・マレーシアの食生活      ・インドネシアの食生活      ・モルッカ諸島の食事 第4章 オセアニア――太平洋にひろがる食文化第5章 マグレブの料理【2】 日本の食事第6章 米――聖なる食べ物第7章 日本の食事文化――その伝統と変容第8章 現代の食生活第9章 日本人とエスニック料理【3】 食べ物からみた世界第10章 世界の米料理第11章 すしの履歴書第12章 麺の歴史第13章 料理における野菜の位置第14章 世界の酒――伝統的な酒の類型第15章 茶とコーヒーの文明第16章 うま味の文化あとがき初出一覧文庫版あとがき

■著者

【石毛 直道著】

■石毛直道(いしげ なおみち) 1937年、千葉県生まれ。1963年、京都大学文学部史学科卒業。京都大学人文科学研究所助手、甲南大学講師、国立民俗学博物館助教授、同教授、同館長を経て、2003年、国立民俗学博物館を退官。国立民俗学博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授。農学博士(東京農業大学、1986年)。 【主な著書】 『リビア砂漠探検期』(講談社文庫1979; 原本、講談社 1973)/『住居空間の人類学』(鹿島出版会 1979)/『食卓の文明論』(文藝春秋 1980)/『食卓の文化誌』(岩波現代文庫 2004; 原本、中公新書 1982)/『ロスアンジェルスの日本料理店――その文化人類学的研究』(ドメス出版 1985)/『はじまりはトンガ-南太平洋フィールドノート』(平凡社 1988)/『麺の文化史』講談社学術文庫 2006(原本『文化麺類学ことはじめ』講談社 1991)/『石毛直道 食の文化を語る』(ドメス出版 2009)/『飲食文化論文集』(清水弘文堂書房 2009)/『石毛直道自選著作集』刊行中(第1期全6巻、2012年完結/ドメス出版)

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 2,277 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ