日本その日その日

日本その日その日

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

大近代に染まる寸前の日本を科学者の目が見つめていた。

菓子屋の看板、人力車、屋敷の屋根瓦、和服の装い、そして、穏やかに暮らす人々。大森貝塚を発見した鋭敏な眼差しが惹きつけられたのは、明治最初期日本の何気ない日常の営みだった。多くのスケッチとともにのこした、日本滞在2年間の見聞記。

大森貝塚の発見で知られるモースは、東京大学教授として滞在する間、膨大なスケッチと日記をのこしていた。その記録には、科学者の鋭敏な視線と、異文化を楽しむ喜びが満ちている。明治初期の文化風俗を語る際に欠かせない重要資料であり、なおかつ、読んで、見て楽しい日本滞在録。

日本で出喰わす愉快な経験の数と新奇さとにはジャーナリストも汗をかく。人通りの町を一列縦隊で勢よく人力車を走らせると、一秒ごとに新しい光景、新しい物音、新しい香り……御雇い外国人として東京大学に赴任した科学者は、明治十年代のまだ近代に出会ったばかりの列島の生活を、驚きと敬意をもって見つめていた。当時の生活文化を記録した重要資料であり、なおかつ読んで見て楽しめる明治日本見聞記です。

※本書の原本は1939年に創元社より刊行された抄訳本です。

(解説・牧野陽子)

【目次】
一 一八七七年の日本──横浜と東京
二 日光への旅
三 日光の諸寺院と山の村落
四 再び東京へ
五 大学の教授職と江ノ島実験所
六 漁村の生活
七 江ノ島での採集
八 東京の生活
九 大学の仕事
十 大森に於ける古代の陶器と貝塚
十一 六ケ月後の東京
十二 北方の島 蝦夷
十三 アイヌ
十四 函館及び東京への帰還
十五 日本のひと冬
十六 長崎と鹿児島とへ
十七 南方の旅
十八 講義と社交
十九 一八八二年の日本
二十 陸路京都へ
二十一 瀬戸内海
二十二 京都及びその附近での陶器さがし
二十三 東京に関する覚書
二十四 鷹狩その他


著者
モース,エドワード・シルヴェスター
1838年アメリカ・メイン州生まれ。動物学者。進化論の観点から腕足動物を研究対象に選び、1877年に来日。その折、東京にて大森貝塚を発見する。その後、文部省に請われて東京大学理学部の教授を2年間務める。日本に初めてダーウィンの進化論を体系的に紹介したことでも知られる。1925年没 。

訳者
石川欣一(いしかわ・きんいち)
1895年生まれ。ジャーナリスト・随筆家・翻訳家。モースに教えを受けた石川千代松の子。自身も、アメリカ・プリンストン大学留学中にモースの知遇を得ている。1959年没。

■著者

【エドワード.シルヴェスター・モース著】

【石川 欣一訳】

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 2,497 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ