鎌倉と京 武家政権と庶民世界

鎌倉と京 武家政権と庶民世界

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

中世とは、地方武士と都市庶民の時代だった。武士擡頭の契機となった保元の乱に筆を起こし、源頼朝とその前後の政治史をふまえて読み解く、一貫した歴史の視座。生活の場(都市・農村・家)と、その場での営為(芸能・文学・宗教・政治)から明かされる、自我がめざめた「個」の時代の相貌。十二世紀後半から十四世紀前半にかけての中世像が鮮やかに甦る。保元の乱から鎌倉幕府滅亡へ――武士の擡頭とともに中世は幕をあけた中世とは、地方武士と都市庶民の時代だった。武士擡頭の契機となった保元の乱に筆を起こし、源頼朝とその前後の政治史をふまえて読み解く、一貫した歴史の視座。生活の場(都市・農村・家)と、その場での営為(芸能・文学・宗教・政治)から明かされる、自我がめざめた「個」の時代の相貌。十二世紀後半から十四世紀前半にかけての中世像が鮮やかに甦る。※本書の原本は、1988年5月、小学館より「大系日本の歴史」第五巻として刊行されました。本講談社学術文庫は、1992年12月に同社より刊行された、小学館ライブラリー版を底本としています。

■著者

【五味 文彦著】

1946年生まれ。 東京大学文学部卒業,東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。お茶の水女子大学文教育学部助教授,東京大学大学院人文社会系研究科教授等を務め,現在は放送大学教養学部教授。東京大学名誉教授。専門は日本中世史。著書に『院政期社会の研究』『平家物語、歴史と説話』『吾妻鏡の方法』『中世のことばと絵』(サントリー学芸賞受賞作)『藤原定家の時代』『日本中世史』『絵巻で読む中世』『日記に中世を読む』『人物叢書 平清盛』『武士の時代』『中世文化の美と力』『書物の中世史』(角川源義賞受賞作)『日本の中世を歩く』『後鳥羽上皇』ほか多数。

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 3,014 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ