ハンナ・アレント

ハンナ・アレント

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

二十世紀思想の十字路と呼ばれたハンナ・アレント。全体主義の起原をたどることで、その「新しい政体」を近代精神の所産として位置づけ、国民国家秩序の破綻と難民の世紀到来を明らかにした政治哲学者。彼女は、帰るべき家郷を失った時代の保守主義者として、あるいは進歩を信じ得ない時代の革命的理論家として常に〈時代〉と対決することで現代の苦境を可視化し、政治の再定義を通じてこの現代に公共性を可能にする条件を構想した。その思想の全体像を、第一人者が平易に描き出す。「現代思想の冒険者たち」シリーズの一冊として発刊され、日本で初めてアレント思想の全体像を描いた解説書として驚きをもって迎えられた名著の復刊。【本書の内容】文庫版まえがきまえがきプロローグ第一章 十九世紀秩序の解体――『全体主義の起源』を読む(前編)  1 『全体主義の起源』の謎  2 十九世紀政治秩序  3 破壊のモーターとしての帝国主義  4 人種主義と官僚制 第二章 破局の二十世紀――『全体主義の起源』を読む(後編)  1 国民国家体制の崩壊  2 「社会」の解体  3 二十世紀秩序としての全体主義   4 反ユダヤ主義  5 もう一つの二十世紀へ 第三章 アメリカという夢・アメリカという悪夢  1 アメリカとヨーロッパ  2 『革命について』  3 共和国の危機――その一  4 共和国の危機――その二  5 二十世紀としてのアメリカ 第四章 政治の復権をめざして  1 労働・仕事・活動  2 アレントの政治概念  3 個・公共性・共同性 エピローグ 1 全体主義の世紀 2 保守性と革命性 3 政治の限界アレント略年譜主要著作ダイジェストあとがき文庫版あとがき索引

■著者

【川崎 修著】

1958年生まれ。東京大学法学部卒業。東京大学法学部助手、北海道大学助教授、教授を経て、立教大学教授。専攻は政治学、政治学史。 ○単著: 『ハンナ・アレントの政治理論 アレント論集1』岩波書店、2010年。 『ハンナ・アレントと現代思想 アレント論集2』岩波書店、2010年。 『「政治的なるもの」の行方』岩波書店、2010年。 ○共著・共編著: 『モダーンとポスト・モダーン』(共著:小野紀明・富沢克)木鐸社、1992年。 『現代政治理論』(共編:杉田敦)有斐閣、2006年。 『岩波社会思想事典』(共編:今村仁司・三島憲一)岩波書店、2008年。 ○訳書: L・クリーガー、M・R・コンヴィッツ、E・N・マデン、P・H・ターンズ『権威と反抗』平凡社、1988年。

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 2,915 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ