東京語の歴史

東京語の歴史

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

東訛りから江戸弁、そして東京語へ。その言葉は後に、人為的な「標準語」と、生活に根差した東京「方言」との間を揺れつづけなければならなかった。古代の東国方言のあり方、近世江戸弁が政治の中心地ゆえに日本各地ことばと融合し江戸語を形成するさま、そして標準語を整備される過程で生きた言葉の多くを犠牲にする東京語。その歴史を源内、西鶴はじめ豊富な資料で描き出す。(講談社学術文庫) 東訛りから江戸弁、そして東京語へ。その言葉は後に、人為的な「標準語」と、生活に根差した東京「方言」との間を揺れつづけなければならなかった。 古代の東国方言のあり方、近世江戸弁が政治の中心地ゆえに日本各地ことばと融合し江戸語を形成するさま、そして標準語を整備される過程で生きた言葉の多くを犠牲にする東京語。 その歴史を源内、西鶴をはじめ豊富な資料を駆使して描き出す。

■著者

【杉本 つとむ著】

1927年、横浜生まれ。早稲田大学文学部卒業。1971年より1997年まで早稲田大学文学部教授。1975年より国際基督教大学大学院言語研究科講師を兼任。オーストラリア国立大学客員教授、モスクワ大学招聘教授、国立民族学博物館研究員、北京日本学研究センター講師なども歴任。文学博士(東北大学)。 ○主な著書: 『近代日本語の成立 コトバと生活』桜楓社出版、1960年。 『日本翻訳語史の研究』八坂書房、1983年。 『語源の文化誌』開拓社、1983年。 『江戸の博物学者たち』青土社、1985年(講談社学術文庫、2006年)。 『西洋人の日本語発見』創拓社、1989年(講談社学術文庫、2008年)。 『江戸の女ことば』創拓社、1985年。 『日本英語文化史の研究』八坂書房、1985年。 『解体新書の時代』早稲田大学出版部、1987。 『語源海』東京書籍、2005年。 『十八・十九世紀 日魯交流人物史話』東洋書店、2013年。 『杉本つとむ著作選集』全10巻、八坂書房、1998-99年。 その他、共編著、校訂・翻訳多数。

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 2,596 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ