華族誕生 名誉と体面の明治

華族誕生 名誉と体面の明治

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

明治二年に誕生し、現行憲法の発効と同時に消滅した華族制度。そこでは誰が華族となり、「公侯伯子男」の爵位はどのように決められたのか。また、爵位をめぐってどんな人間模様が描き出されたのか――。豊富なエピソードをまじえて華族制度の誕生を解説し、歴史上の意義を問う。実体が忘れられて久しい、名誉と体面の保持に拘泥した特権階級に光を当てた、華族研究の必読書。

■著者

【浅見 雅男著】

1947年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。出版社勤務のかたわら,近代の皇族・華族制度研究に取り組む。上智大学文学部非常勤講師。著書に『公爵家の娘』『華族たちの近代』『闘う皇族』『皇族誕生』『皇族と帝国陸海軍』『不思議な宮さま』『伏見宮』『反逆する華族』ほか多数。

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 2,398 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ