ユダとは誰か 原始キリスト教と『ユダの福音書』の中のユダ

ユダとは誰か 原始キリスト教と『ユダの福音書』の中のユダ

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

キリスト教世界で「裏切り者」「密告者」の汚名を一身に受けてきたユダ。イエスへの裏切りという「負の遺産」はどう読み解くべきなのか――。原始キリスト教におけるユダ像の変容を正典四福音書と『ユダの福音書』に追い、初期カトリシズムとの関係から正統的教会にとってのユダと「歴史のユダ」に迫る。イエスの十字架によっても救われない者とは誰か。

【目次】
はじめに
旧約・新約聖書 諸文書略号表
凡 例
ユダの共観表
I 原始キリスト教とユダ
第一章 イスカリオテのユダ──名称の由来とその意味
第二章 イエスとの再会──マルコ福音書のユダ
第三章 銀貨三十枚の値打ち──マタイ福音書のユダ
第四章 裏切りと神の計画──ルカ文書のユダ
第五章 盗人にして悪魔──ヨハネ福音書のユダ
II 使徒教父文書・新約聖書外典と『ユダの福音書』のユダ
第六章 正統と異端の境──使徒教父文書と新約聖書外典のユダ
第七章 十三番目のダイモーン──『ユダの福音書』読解
III ユダとは誰か
第八章 歴史の中のユダ
ユダの図像学   石原綱成
あとがき
図版一覧
参考文献

■著者

【荒井 献著】

1930年生まれ。東京大学教養学部卒業、同大学院西洋古典学専修博士課程単位取得満期退学。東京大学・恵泉女学園大学名誉教授。神学博士。専攻は新訳聖書学。著書に『原始キリスト教とグノーシス主義』『イエスとその時代』『新約聖書とグノーシス主義』『トマスによる福音書』『問いかけるイエス』『イエス・キリスト』(上・下)『イエスと出会う』『「強さ」の時代に抗して』ほか多数。

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 2,200 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ