霊山と日本人

霊山と日本人

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

主要霊山ごと、あるいは個別宗教ごとにしか語られてこなかった日本の山岳信仰。本書はそれを世界、とくに東アジアの山岳信仰のなかに位置づけ、包括的に捉えたはじめての本である。霊山の特徴、信仰、儀礼などを、人々の生活と関連づけて考えることで、山の霊性とは何かを明らかにする。

私たちはなぜ山に手を合わせるのか。神仏や天狗はなぜ山に住まうのか。いま、あらためて、自然や「聖なるもの」を問いなおす。主要霊山ごと、あるいは個別宗教ごとにしか語られてこなかった日本の山岳信仰。本書はそれを世界、とくに東アジアの山岳信仰のなかに位置づけ、包括的に捉えたはじめての本である。霊山の特徴、信仰、儀礼などを、人々の生活と関連づけて考えることで、山の霊性とは何かを明らかにする。私たちはなぜ山に手を合わせるのか。神仏や天狗はなぜ山に住まうのか。いま、あらためて、自然や「聖なるもの」を問いなおす。

【目次】
プロローグ
第一章 日本人の生活にとっての山
1 生業と山
2 魂と成長と山
3 日本人のコスモロジーと山
第二章 山岳信仰の諸相
1 山岳信仰の概要
2 インドの山岳信仰
3 東アジアの山岳信仰
第三章 森の信仰
1 森とウタキ
2 鎮守の森
第四章 山岳信仰の歴史
1 原始時代の山の信仰
2 古代の山岳信仰
3 中世の山岳信仰
4 近世の山岳信仰
5 近・現代の山岳信仰
† 山岳信仰の歴史年表
第五章 各地の主要霊山
1 近畿の霊山
2 東北の霊山
3 関東・甲信越の霊山
4 中部の霊山
5 中国・四国・九州の霊山
† 霊山の分布図
第六章 聖地としての山岳
1 山名とその由来
2 山中の霊地
3 山中の霊地の由来と意味
第七章 山の神格
1 山の神
2 霊山の権現
3 山岳信仰の神と仏
4 王子・童子と護法神
第八章 山の宗教者と動物・異人
1 山の宗教者と動物
2 仙人と童子
3 鬼と天狗
4 山の異人の特徴と相互関係
第九章 山のまつりと修行
1 山のまつり
2 山に籠る修行
3 修験者の峰入
4 庶民の霊山登拝
第十章 山から里へ
1 山で得る験力
2 豊穣の予祝と祭り
3 里山伏と廻檀する山伏
エピローグ

■著者

【宮家 準著】

宮家準(みやけ ひとし) 1933年東京生まれ。東京大学大学院博士課程修了。文学博士。慶應義塾大学名誉教授。日本山岳修験学会名誉会長。修験道研究で秩父宮記念学術賞、福澤賞などを受賞。宗教民俗学という分野を樹立した。元・日本宗教学会会長。著書に『修験道』、『日本の民俗宗教』(ともに講談社学術文庫)、『宗教民俗学』(東京大学出版会)ほか多数。

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 2,398 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ