風と雲のことば辞典

風と雲のことば辞典

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

日本の空には、こんなにも多彩な表情がある――。気象現象のみならず、比喩表現、ことわざから、季語、漢詩、詩歌、さらに方言や歌謡曲に至るまで、尽きるところのない「風」と「雲」にまつわる語彙を、豊富な引用でお届けする。最先端の気象用語解説、災害への備えにも言及した、充実の「読んで面白い辞書」。ロングセラー『雨のことば辞典』の姉妹編。文庫書き下ろし。

■著者

【倉嶋 厚監】

1924年長野県生まれ。気象庁主任予報官、鹿児島気象台長などを歴任。その後NHKの気象キャスターを務める。理学博士。エッセイスト。著書・編書に『日本の空を見つめて』(岩波書店)、『倉嶋厚の人生気象学』(東京堂出版)、『雨のことば辞典』(講談社学術文庫)など多数。

【岡田 憲治著】

1957生まれ。首都大学東京大学院、総務省消防大学校講師を経て、現在、気象庁予報部予報官。専門は気象防災学。主な論文に「局地的大雨に対する気象庁の取組み」(「河川」日本河川協会)、「温暖化と土砂災害」(土と基礎」地盤工学会)など。

【原田 稔著】

1944年神奈川県生まれ。エッセイスト。郷土史研究をきっかけに「雨の文化誌」の研究を志す。著書に『雨の楽しい話』(近代文芸社)。編著に『雨のことば辞典』(講談社学術文庫)。

【宇田川 眞人著】

1944年東京都生まれ。編集者・文筆業。著書に『日本に碩学がいたころ』(三恵社)。『日本の論点』2006~2012(文藝春秋)に寄稿。編集書に『雨のことば辞典』(講談社)。

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 2,596 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ