新版 雨月物語 全訳注

新版 雨月物語 全訳注

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

上田秋成が遺した、江戸中期を代表する怪異小説集。安永5年(1776)刊、5巻9編。執念は彼岸と此岸を越え、死者との対話を繰り広げる。それは夢幻か、現実か――。現代語訳に語注、考釈も加えた決定版。慕っていた崇徳上皇の御陵に参った西行が見たものとは? ――「白峯」病に倒れた旅の武士。逗留先の学者と兄弟のちぎりを交わすが――「菊花の約」怠け者勝四郎、都に上ると里は戦禍に塗れる。そして愛する妻は――「浅茅が宿」絵が得意な三井寺の僧・興義。求める者には自作画を欲しがるまま与えながら、鯉の絵だけは頑として手放さなかった――「夢応の鯉魚」高野山へ物見遊山の親子。「仏法」と鳴く鳥に応え歌など詠むも、そこに武士たちが現れ――「仏法僧」吉兆なら湯が沸き上がるという釜。若い夫婦が祈願したが、釜は虫の声ほどの音も立てなかった――「吉備津の釜」雨宿り先で邂逅した美しい女を追いかけ、幸せに暮らすはずが――「蛇性の婬」遊行僧を泊めた老人は、紺染の頭巾をかぶり、「鬼」になった僧の話を始め、あることを懇願した――「青頭巾」武士・岡左内は、度を越した倹約ぶりで奇人とまで言われた。ある日、黄金の精霊と名乗る老人が枕もとに現れる――「貧福論」

■著者

【上田 秋成著】

1734年ー1809年。江戸中期の国学者、歌人、小説家。本名東作、秋成は字(あざな)。大阪・曽根崎生まれ。 1776年(安永5)、剪枝崎人(せんしきじん)の名で怪異小説の傑作『雨月(うげつ)物語』を刊行。 井原西鶴、曲亭馬琴と並ぶ近世を代表する小説家。『雨月物語』は日本の小説史上、初めて短編の様式を完成させた作品として高く評価されている。

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 3,553 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ