エスの本 ある女友達への精神分析の手紙

エスの本 ある女友達への精神分析の手紙

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

「人間は、自分の知らないものに動かされている」。フロイトの理論に大きな影響を与えた医師グロデックが、フロイトへの書簡を元に、架空の女友達にむけて「エス」を説明したのが本書である。「知ろうとするのをやめ、空想する決心をすれば、無意識の奥深く突入することができます」。混沌として論理的な世界の理をあかし、「病」の概念すら変える心身治療論。

■著者

【ゲオルク・グロデック著】

(1866-1934)ドイツのバート・ケーゼンに生まれる。「エス」や「転移」といった精神分析における重要な概念を提唱し、フロイト理論にも大いに影響を与えた。エスを措定したことで心と身体と病の総合的な見方を可能とし、「心身医学の父」とも呼ばれる。

【岸田 秀訳】

1933年、香川県生まれ。早稲田大学文学部卒業。和光大学名誉教授。精神分析者、エッセイスト。著書に『ものぐさ精神分析』など。

【山下 公子訳】

1952年、香川県生まれ。東京大学大学院博士課程中退。早稲田大学教授。ドイツ文学者。著書に『ヒトラー暗殺計画と抵抗運動』など。

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 2,959 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ