変成譜 中世神仏習合の世界

変成譜 中世神仏習合の世界

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

日本中世はその精神性を措いては理解できない。熊野巡礼、修験神楽、法華経注釈、天皇の即位灌頂……神仏習合の多彩な展開を一次資料から徹底的に解読し、そこに心身と世界のドラスティックな変革=「変成(へんじょう)」という壮大な宗教運動を見出した渾身作。中世という激動の新世界、その遠大な闇と強烈な光に、日本随一の宗教思想史研究者が迫る!*「第一幕の舞台は、熊野街道中辺路。主人公は熊野詣の道者たち。第二幕の舞台は、奥三河の山里、夜の神楽宿。演者は還暦を過ぎた老人たち。第三幕の舞台は、深い海の底と南方無垢世界。主人公は八歳の龍女と水に棲む異類たち。第四幕第一場は、宮中の高御座(たかみくら)。主人公は即位したばかりの天皇。第二場は、伊勢神宮・外宮。演者は神宮の可憐な童巫女。そして主人公のペルソナとしての金色の狐。中世の混沌世界から生まれた、「変身」を主題とする四つのドラマ。これらを貫く運動とは何か? またそれを影で操っていた存在とは――?」――「プロローグ」より此岸と彼岸、現実と非現実、神と仏の境界と習合、そして変成の謎にせまる。

■著者

【山本 ひろ子著】

1946年生まれ。早稲田大学第一文学部史学科中退。日本宗教思想史専攻。和光大学名誉教授。私塾「成城寺小屋講座」主宰。主な著書に『中世神話』(岩波新書)、『大荒神頌』(岩波書店)、『異神――中世日本の秘教的世界』(平凡社/ちくま学芸文庫)、編著に『諏訪学』(国書刊行会)ほか。

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 2,948 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ