日本人の起源 人類誕生から縄文・弥生へ

日本人の起源 人類誕生から縄文・弥生へ

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

日本列島の旧石器時代はどこまでさかのぼれるのか?縄文から弥生への移行の真相は?遠くアフリカ大陸に誕生した人類が、どのようにしてここまでたどり着いたのか?「わたしたちはどこから来たのか」をめぐる、明治から現在まで白熱し続ける大論争を、最新人類学の到達点から一望検証。いま、どこまでわかっているのか。残される謎は何か。日本人の最大にして不変の関心に、古人類学の第一人者が、深く、わかりやすく解説します。【本書の内容】第一章 太古の狩人たち――旧石器時代の日本列島人第二章 人類の起源と進化第三章 アジアへ、そして日本列島へ第四章 日本人起源論――その論争史第五章 縄文人から弥生人へ第六章 倭国大乱から「日本」人の形成へ

■著者

【中橋 孝博著】

1948年、奈良県に生まれる。九州大学大学院博士課程中退。現在、九州大学名誉教授。博士(医学)。主な編著書に『倭人への道』(歴史文化ライブラリー)、『古代史の流れ』(共著、岩波書店)、『Ancient people of the Central Plains in China』(編著、九州大学出版会)などがある。

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 2,079 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ