あいうえおの起源 身体からのコトバ発生論

あいうえおの起源 身体からのコトバ発生論

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

目と芽、鼻と花、歯と葉、身と実。身体と事物とのあいだに語の共通性があるのはなぜなのか。また、幼児が最初期に発する p 音、 m 音 などが世界的に同じように見られるのはなぜか。古代語における二音節動詞の語尾「ふ」「ぶ」「む」などが持っていた原初的意味を分析する一方、語頭音となっている「あいうえお」などの五十音が身体の部位・生理に由来することを解明し、コトバの発生と世界分節の起源を探る。

■著者

【豊永 武盛著】

1938年福岡県生まれ。九州大学医学部卒業。精神科臨床とともに精神病理学、精神分析を研究。福岡県精神病院協会理事、日本精神病院協会代議員などを歴任。日本精神分析学会会員。現在、医療法人豊永会飯塚保養病院理事長。著書に『「コトバと心」の起源』などがある。

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 2,079 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ