人口から読む日本の歴史

人口から読む日本の歴史

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

増加と停滞を繰り返す、4つの大きな波を示しつつ、1万年にわたり増え続けた日本の人口。そのダイナミズムを歴史人口学によって分析し、また人々の暮らしの変容と人生をいきいきと描き出す。近代以降の文明システムのあり方そのものが問われ、時代は大きな転換期にさしかかった。その大変動のなか少子高齢化社会を迎えるわれわれが進む道とは何か。【目次】第1章 縄文サイクル第2章 稲作農耕国家の成立と人口第3章 経済社会化と第三の波第4章 江戸時代人の結婚と出産第5章 江戸時代の死亡と寿命第6章 人口調節機構第7章 工業化と第四の波終章 日本人口の二十一世紀

■著者

【鬼頭 宏著】

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 2,200 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ