朝鮮仏教史

朝鮮仏教史

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

四世紀後半、朝鮮半島へ主として中国から伝わったとされる仏教。高句麗・百済・新羅の王たちは新しい思想をどのように受け入れたのか。またその後の王権と社会は仏教の影響のもとでどんな文化を形成していったのか。崇拝と排斥、求道と教学、独自の哲学の錬磨、宗派の流れなど、東アジア仏教圏の中でも独特の道を歩んだ朝鮮仏教の歴史を総覧する。

■著者

【鎌田 茂雄著】

1927年神奈川県生まれ。駒澤大学仏教学部卒業。東京大学大学院博士課程修了。 東京大学東洋文化研究所教授、国際仏教学大学院大学教授などを歴任。専攻は中国・朝鮮仏教史。 文学博士。学士院賞受賞。2001年没。主な著書に『般若心経講話』『華厳の思想』『維摩経講話』などがある。

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 2,332 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ