僧侶と海商たちの東シナ海

僧侶と海商たちの東シナ海

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

■知と富がドライブするダイナミックな中世史!■「894年遣唐使廃止」は日本を変える出来事ではなかった!列島を取り巻く大海原をたくましく乗り越え、「外」と日本を繋ぎ続ける人たちがいたのだ。利を求め、危険を顧みずに海を闊歩する海商たちと、彼らの助けを得て、最新の知識を求めて大陸へ渡ろうとする僧侶たち。史料に数多く残された僧たちの足跡を辿ることで、海域交流の実相に迫り、歴史世界としての東シナ海を描き出す!従来の「日本史」の枠を超えて、より広く深く歴史を知る一冊。■文庫化にあたり大幅増補!「補章 遣明使の後に続いたもの」で本篇に続く時代の歴史を活写■[本書の内容]序章 中世日本と東シナ海第1章 「遣唐使以後」へ 最後の遣唐使、出発  海商の登場  「遣唐使以後」の入唐僧たち 第2章 古代から中世へ 平安王朝の対外政策  帰国しなかった僧たち  密航僧の出現 第3章 大陸へ殺到する僧たち 「中世」の始まり  日宋仏教界をつないだ人脈―入宋僧円爾  日元関係の波紋と仏教交流―入元僧龍山徳見 第4章 「遣明使の時代」へ 混乱の海、統制の海 仏教交流の変質 補章 遣明使の後に続いたもの※本書は2010年に講談社選書メチエより刊行された『 選書日本中世史4 僧侶と海商たちの東シナ海』を原本とし、改訂を加え補章を付して文庫化したものです。

■著者

【榎本 渉著】

1974年,青森県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位修得退学。東京大学東洋文化研究所助手を経て,現在,国際日本文化研究センター准教授。博士(文学)。専攻は日本中世史。著書に,『東アジア海域と日中交流 九~一四世紀』『南宋・元代日中渡航僧伝記集成 附 江戸時代における僧伝集積過程の研究』などがある。

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 2,332 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ