アステカとインカ 黄金帝国の滅亡

アステカとインカ 黄金帝国の滅亡

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

一六世紀、スペイン人によるアメリカ大陸征服史が始まる。黄金を探すコロンブス、ピサロ、コルテス……。抵抗する、モクテスマ、トパック・アマルなどのインディオたち。栄華を誇った帝都と文明は、いかに滅ぼされたのか? 西欧と非西欧の壮絶なる戦いの記録を、既存の、スペイン人主体の史料では触れられなかった「敗者の視点」から再検証、植民地時代から現在へ続くラテンアメリカの被征服史を辿る。プロローグ 黄金の夢第一章 コロンブスの目指したシパンゴ第二章 冒険者バルボア第三章 メキシコの発見第四章 首都の攻防第五章 対決第六章 「悲しき夜」第七章 英雄の敗北第八章 太平洋と中央アメリカ第九章 南の海の探検第一〇章 カハマルカの悲劇第一一章 クスコ占領第一二章 征服者たちの争いとインカ第一三章 アラウコの国とパンパ第一四章 ムイスカの黄金第一五章 エル・ドラードとアマゾンの国エピローグ 征服者たちの黄昏あとがき年表民族と地域人名検索2002年小学館より刊行されました

■著者

【増田 義郎著】

増田義郎 ますだ よしお 1928年、東京生まれ。東京大学文学部卒業。東京大学名誉教授。専門は文化人類学、イベリアおよびイベロアメリカ文化史。『大航海時代叢書』(全42巻 岩波書店)の刊行を推進。主な著書に『インカ帝国探検記』『黄金の世界史』『太平洋』など。訳書に講談社学術文庫『西太平洋の遠洋航海者』(B.マリノフスキ著)のほか、『ワルツへの招待』(ロザモンド・レーマン著)、『片隅の人生』(サマセット・モーム著)などがある。2016年没。

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 2,794 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ