日本の地名 付・日本地名小辞典

日本の地名 付・日本地名小辞典

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

地名には歴史的・文化的に貴重な価値が含まれています。日本の地名はバリエーションも多く、その起源についてもさまざまなものがあります。地名の成り立ちや命名の仕方について研究する地名学は、柳田國男も取り組んでいた。もともとは地理学との関係が深いが、歴史学、民俗学、言語学などのアプローチが必要でもある。いくつか具体的にみてみましょう。大和語(ツル=水流=津留など)・アイヌ語(ホロ=大=美幌など)・朝鮮語(フル=火・村=布留など)・マライ語(アゴ=真珠の首飾り=英虞など)などを起源とするケース、もともとの地名が方言によって違っているケース(タロウ=太郎・田老=巨大または小平地など)、時代の流行によっているケース(開墾が盛んだった時代は、「田代」「新開」「新田」など)などです。また、地名は発生した後に、その伝播のしかたにも特徴があります。もともとの地名が伝わっていくときに、扇状に伝わるということがあります(親不知付近では混在している「しとる」「してる」が、南では扇状にその範囲が広がる)。また、「空洞」と呼ばれる「地名のない部分」が発生したりします(たとえば中国・四国地方では、山の呼び名に「岳」を使用しないことが多い)。地名を研究することで、隠された歴史の痕跡を読み取ることが可能なのです。「文化化石」としての地名を研究する学問として、「地名学」を提唱した著者が、その集大成として刊行されたのが、本書です。また、本書巻末には約1300項目の「日本地名小辞典」が付いております。身近な地名の謎に迫るためにも好著ですし、歴史学・民俗学の補助としても役に立つ一冊です。【原本】『日本の地名 付・日本地名小辞典』(角川新書 1964年刊)【目次】はじめに第一章 地名学とはどんな学問か第二章 どうして研究したらよいか第三章 むずしい地名の意味をどうして解くか    1 富士山のフジの意味    2 「名古屋」の意味    3 「船越」の意味第四章 地名にはどんなタイプがあるか    1 語根型    2 民族型    3 時代型第五章 地名はどんな形で分布するか    1 波紋形の分布    2 相似関係の分布    3 扇状に境界線が集まる現象    4 「空洞」といわれる「地名のない部分」の現象    5 伝播する地名    6 双子地名第六章 地名の発生年代は決められるか第七章 地名の正しい書き方第八章 郷土の地名の調べ方第九章 地名研究の参考書おわりに付録 日本地名小辞典

■著者

【鏡味 完二著】

1909~1963。名古屋市立工藝高等学校教諭、愛知学院大学講師を務める。専門は、「地名学」。地名学とは、地名の成り立ちや各地の命名法則などを研究する学問のこと。主要著書に『日本地名学 科学篇』『日本地名学 地図篇』『地名学』などがある。

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 1,980 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ