目に見えないもの

目に見えないもの

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

〈わが国初のノーベル賞に輝く湯川博士、生涯の記念碑的作品〉
〈1946年の初版*以来、学問に志す多くの若者達の心をとらえ続けてきた名著!〉

「中間子」を発見し素粒子物理学を大きく前進させた著者が、現代物理学の物質観を、そして同時に、今日の自然科学的なものの見方・考え方を、だれにもわかる平易な言葉で説く、不朽の科学入門。
「目に見えないものの世界」への旅立ちを伝える諸篇には、深く豊かな知性が光り、「真実」を求めてのあくなき思索が生み出した珠玉の言葉には、ひとつの確かな思想がある。

現実は痛切である。あらゆる甘さが排斥される。現実は予想できぬ豹変をする。あらゆる平衡は早晩打破せられる。現実は複雑である。あらゆる早合点は禁物である。(本書「真実」より)

*本書の原本は1946年に甲文社より刊行されました。


【本書の内容】
第一部
  1.理論物理学の輪郭
    1 自然哲学  2 近代物理学  3 現代物理学
  2.古代の物質観と現代科学
    1 古代インドの自然観  2 現代の物質観との対比  3 因果と時間の問題
  3.エネルギーの源泉
    1 物質の構造  2 放射線の本体  3 力とエネルギー  4 原子内のエネルギー  5 太陽のエネルギー
  4.物質と精神
    1 二つの通路  2 物理学的世界  3 物質から精神へ  4 科学の根源
第二部
  1.半生の記
  2.ガラス細工
  3.少年の頃
  4.二人の父
第三部
  1.物理学に志して
  2.科学と教養
  3.真実
  4.未来
  5.日食
  6.眼の夏休み
  7.読書と著作
  8.話す言葉・書く言葉
  9.『現代の物理学』
  10.『物質の構造』
  11.『ピエル・キュリー伝』
  12.目と手と心
  13.目に見えないもの
  14.思想の結晶


著者
湯川秀樹(ゆかわ・ひでき)
1907年東京に生まれる。京都帝国大学卒業後1932年京大講師、同33年阪大講師を兼ねる。1934年「中間子論」を発表、この業績により1949年我国初のノーベル物理学賞を受賞す。日本学士院会員、京都大学・大阪大学名誉教授となり、1981年没。著書は「量子力学序説」「創造への飛躍」「この地球に生れあわせて」など。

■著者

【】

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 1,430 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ