モーツァルト=翼を得た時間

モーツァルト=翼を得た時間

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

軽やかに飛翔する音楽の秘密、名演の聴き方 「休みなく、天衣無縫の遊動を続ける」音楽。そこに刻みこまれる「永遠」。なぜかくも素晴らしいのか。どう「再現」されるべきか。多彩で贅沢なモーツァルト論。

【目次】
第1章 音楽の時間を翔る鳥――動き続ける永遠
第2章 父、レーオポルト――管理との闘い
第3章 モーツァルトとヨーゼフ2世――ウィーンにおける10年
第4章 《フィガロの結婚》――「与える」方向での人間化
第5章 美を発見する天才――輝ける《ドン・ジョヴァンニ》
第6章 《コシ・ファン・トゥッテ》――モーツァルトの愛の讃歌
第7章 「協奏曲」――開かれた会話の音楽
第8章 死と救済――《魔笛》と《レクイエム》をめぐって
第9章 変わらざるモーツァルト――情報の洪水のなかで
第10章 モーツァルト演奏は、大胆に――《クラヴィーア・ソナタ イ短調》の演奏史
第11章「切実な」モーツァルトをめざして――ワルター、古楽器、アーノンクールなど
第12章 モーツァルトの美意識を探る――管楽器の用法から


著者
礒山雅(いそやま・ただし)
1946年東京生まれ。東京大学文学部卒業。同大学大学院、ミュンヘン大学留学を経て、現在、国立音楽大学教授、いずみホール音楽ディレクター。2006年より、日本音楽学会会長。専攻は音楽美学・西洋音楽史。

■著者

【】

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 2,200 (税込)
送料について

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ